top of page
検索
  • 執筆者の写真院長

甲状腺疾患


甲状腺腫瘤の経過観察には通常の超音波の他、血流や固さをみることで正診率があがります。細胞診を行い確定診断が可能です。首のしこりなどに気付いた際には受診をお勧め致します。


閲覧数:281回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7月6日(土)は13時までの診療

院長会議出席のため7月6日の診療は13:00といたします。 ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願いいたします。

7月9日(火)は代診となります

7月9日(火)は院長学会参加のため中村興太郎医師の代診となります。 甲状腺・乳腺の診察は別日での受診をお願いいたします。

bottom of page