top of page
検索
  • 執筆者の写真院長

甲状腺疾患


甲状腺腫瘤の経過観察には通常の超音波の他、血流や固さをみることで正診率があがります。細胞診を行い確定診断が可能です。首のしこりなどに気付いた際には受診をお勧め致します。


閲覧数:274回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2月3日土の診療

院長会議出席のため2月3日土の診療は13:00までとなります。 ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

コロナ5類変更に伴う対応

感染症を疑う症状(発熱や風邪・胃腸炎のような症状)への対応について ● 発熱や風邪症状、胃腸炎症状など、感染症を疑わせる症状がある方 これまで通り、まずはお電話をいただきますようお願いいたします。 来院時間等をお伝えします。一般の患者様とは別導線で診察いたします。 (※リスクの高い患者様もいらっしゃいます、直接のご来院はお避け下さい) ※ コロナ・インフルエンザ抗原検査が必要な場合、車内で待機して

bottom of page