top of page
検索
  • 執筆者の写真院長

お鼻からの胃内視鏡


お鼻からの検査なら、お話しをしながら検査を受けられます。​注射も必要なく、検査後すぐに飲食可能です。

​さらに最新の内視鏡システムが正確な診断を可能とします。ピロリ菌感染などを起こさないよう新しい洗浄器を導入し一回ごとに洗浄しています。お口からの内視鏡検査がにがてな方はお試し下さい。


閲覧数:157回0件のコメント

最新記事

すべて表示

感染症を疑う症状(発熱や風邪・胃腸炎のような症状)への対応について ● 発熱や風邪症状、胃腸炎症状など、感染症を疑わせる症状がある方 これまで通り、まずはお電話をいただきますようお願いいたします。 来院時間等をお伝えします。一般の患者様とは別導線で診察いたします。 (※リスクの高い患者様もいらっしゃいます、直接のご来院はお避け下さい) ※ コロナ・インフルエンザ抗原検査が必要な場合、車内で待機して

継承後6年半(2022.12.31まで)での発見癌は乳癌257例、大腸癌56例、甲状腺癌25例、その他15例。がんは早期発見が重要です。検診を定期的に受けましょう。

bottom of page